モロッコの首都ラバトでいきなり頭を殴られた

posted in: | 0

モロッコの首都ラバトに行った時のことだった。

まだ朝の光の柔らかいうちに写真を撮ろうと、私は早起きしてホテルを出た。

前日の夕方、ここに着いたばかりで町の様子はよく分からなかったけど、

人のいる方に行けば、何とかなるだろう。

まだ閉まっている店が多かったが、カフェやパン屋はもう開いていて

一日が始まろうとしていた。

 

カフェでパンと「モアチエ、モアチェ」というコーヒーと牛乳が半分ずつ

入っているモロッコ風カフェオレを注文。朝日がカフェのテーブルにあた

って気持ちがいい。

「さあ、また歩き始めよう」

カメラを右手に持ち、すたすた歩きだしたその時、どこからともなく黒い服

を着て、スカーフを被ったお婆さん(といっても50代くらいかも)が現れた。

私の顔とカメラを交互に見て、いぶかしげな顔をしている。

「何か変な人…』と思ったのとゲンコツが私の頭にとんできたのが同時だった。

余りのショックと殴られた頭の痛さで呆然となり、私は何がなんだか分からない状態。

ふと前を見ると、道路の向こう側にあるカフェにいたおじさんたちが、一斉にこっちを

見て何かジェスチャーをしている。

手を頭にやり、その手を降ろして心臓のところに持っていき、少し前屈みになって

お辞儀のようなジェスチャーをしている。

「頭がおかしいのだから、勘弁してください」

おじさんたちは何回も何回もその動作を繰り返していた。

 

 

P1000517

ラバトの広場

Leave a Reply