Hansi の絵

posted in: | 0

 

何年振りかにフランスのアルザス地方を旅した。

アルザスを旅していると必ずといっていいほど見かけるのが Hansi (アンシ)の絵だ。

彼の描いた黒い大きなリボンをして長いスカートをはいた女の子は食器やビスケット

の缶に描かれていて、それが見るものすべてかわいくて、全部欲しくなってしまう。

ストラスブールの土産物屋のおばさんが「日本人はホントにアンシが好きね」と言って

いたけど、何か彼の絵には日本人の琴線に触れるものがあるのかもしれない。

 

彼は1873年 コルマールの生まれ。アルザスの普通の日常を描いた画家だ。

女の子が台所でビスケットを作っていたり、子供たちが雪の降った村をサボをはいて

歩いて行く。

そして家の中では、お母さんが子供に民族衣装の大きな黒いリボン結っている。

そんな何気ない絵の風景が郷愁をさそって、20世紀初頭のアルザスがよき時代に思えてくる。

この頃アルザスはドイツ領だったり、第一次大戦でドイツが敗北するとフランス領になったり

大変な時代だった。

戦争ごっこをしている子供たちの絵もある。

でもアンシの絵の中の人たちはいつも穏やかで、絵の中では淡々としたアルザスの日常が描か

れている。

「私もこの頃のアルザスの人になって、こんな日常を過ごしてみたい」そんな気持ちを起こ

させる風景ばかりなのだ。

 

Hunawihr というワイン街道の小さな村を歩いていた時、人通りのない村の坂道からアルザス

の衣装を着たアンシの絵の女の子がほんとに歩いてきそうだった。

この辺りのアルザスの景観はあの頃と殆ど変わっていない。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Leave a Reply