新潟のソウルフード、煮菜

posted in: | 0

先日、風邪を引いて寝ていたら知り合いの人から差し入れがあった。

容器を開けてみると懐かしいおかず、煮菜が入っていた。

 

煮菜というのは新潟の郷土料理。秋の終わりに体菜という菜っ葉を塩漬けにし、

それを塩出ししてから煮て味付けをしたもの。各家庭

によって中に入れる具も少しづつ違う。

私の家では塩出しした体菜(大鍋に体菜を水から入れ、このみの塩加減になるまで2、3回水を変えて茹でる)

を食べやすい長さに切り、ダシが入った鍋に入れて煮、最後に酒の粕を入れていた。

具は打ち豆だけの時もあれば、油揚げが打ち豆と一緒に入っている時もあり、

味付けは体菜に残った塩だけだったと思う。

薄暗い台所には冬の間、大きな鉄鍋に大量の煮菜があった。

 

小さい頃から冬になると、ずっとこれを食べ続けていたので、私の中で新潟の長くて暗い冬イコール煮菜。

という図式ができてしまっていて、煮菜には悪いけど「垢抜けしない料理だなぁ」とずっと思っていた。

煮菜は友達が遊びに来てもごはんのおかずには出したくなかった。

 

それから年月が経ち、東京、フランスと生活するうちに、煮菜を食べる機会もあまりなくなっていき

煮菜のことも忘れかけていた。

何年か前、フランスのシャンブルドット(民宿)を訪れた時、ここのマダムが庭でとれた菜っ葉で

料理をしてくれた。食べてみるとこれが何となく煮菜の味に似ている。

「新潟から遥か遠いフランスにも煮菜に似たお惣菜があったなんて…」

この世の中には自分の顔に似た人が3人いるらしいから、煮菜だって同じような味が存在したって

ちっともおかしくない。

 

知り合いの人が煮菜と一緒に置いていったメモには

「この煮菜はブルゴーニュ風の味付けなんです。ご賞味ください」

と書かれてあった。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Leave a Reply