Tarte de Normandie  

 

フランスのレストランやシャンブルドット(民宿)で一番多く出会った

デザートはリンゴのタルトです。

リンゴのタルトはフランスではとてもポピュラーなデザート。

学食には大抵あるし、家庭でもよく作られています。

普通、リンゴのタルトの中身はリンゴのジャムで、その上にリンゴの薄切り

を乗せて焼き上げるのですが、そのジャムにリンゴと相性のいいシナモンを

入れたり、他のフルーツ(バナナなど)を入れたりもします。

 

このリンゴのタルトと姉妹なのが、Tarte de Normandie :ノルマンディのタルトです。

この中身はリンゴをスライスしたものをタルト生地に並べ、その上から生クリーム

やアーモンドパウダーの入ったソース、カルヴァドス酒を入れて焼き上げるものです。

リンゴ、生クリーム、カルヴァドス(リンゴ果汁を発酵させて作るのがシードル、

そのシードルを2度蒸留させて作るのがカルヴァドス)といったノルマンディーの産物

が入ったこのタルトは、ノルマンディーのタルトという名前がぴったり。

 

もう20年以上も昔、パリのお菓子屋さんでこのお菓子を初めて買って食べた時、

あまりの美味しさにびっくりした記憶があります。

サクッとしたタルト生地にリンゴの甘酸っぱさとクリームのハーモニー。

タルトの美味しさに開眼したのもこのタルトが始まりでした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

Leave a Reply