Confiture de Normandie(ノルマンディのコンフィチュール)

 

 

フランスのノルマンディ地方に旅した時、すごく美味しいコンフィチュールに

出会ったことがあります。

ノルマンデイのシャンブルドット(民宿)のマダム、マリレーヌさんが作った

そのコンフィチュールの中身はカボチャとオレンジ。

カボチャの甘さにオレンジの香りがほどよく調和して、絶妙なバランス。

コンフィチュールがこんなに美味しいものとは知りませんでした。

 

日本では1種類の果物を使って作るのが普通だけど、フランスでは2、3種類

の果物を使って作る場合も多いのです。

「 ルバーブ(西洋フキ)とプルノー(干しすもも)、グロッセール(すぐりの実)

とミュールソバージュ(野生の桑の実)というように2種類以上の果実を使う

ことで味に深みが増すような組み合わせがあるのです。特にルバーブはキイウイ

とも相性がいいし、いくつもの組み合わせが可能なんです」とマリレーヌさん。

朝食には「カボチャとオレンジのコンフィチュール」の他にも透き通ってリンゴ

の果汁をたっぷり含んだ「リンゴのジュレ、レモン風味」や「グロッセールと

コケモモのコンフィチュール」など5種類のコンフィチュールが並んでいて、

味見をするのに大変! どのコンフィチュールも果実の味が濃厚でおいしくいただき

ました。

 

「カボチャとオレンジのコンフィチュール」に使うカボチャはハロインのデコレー

ションに使うような大きなカボチャですが、日本に帰ってきて小振りのカボチャ

を使って作ったところ、似た味に作れました。

このコンフィチュールも「フランスの小さな食卓」で紹介していきたいと思います。

 

imgp0680

ノルマンディーの田園風景

imgp0698

 

 

 

imgp1097

カボチャとオレンジのコンフィチュール

Leave a Reply